墓石に多いトラブルについて

お墓というと墓石が使われるものですが、現在、日本で使われている墓石の多くは海外からの輸入品です。

そのためか、何らかのトラブルが頻繁に起こっています。

墓石に関するトラブルとは、どんなものなのでしょう。

【トラブルが多い墓石】

輸入品の中でも特にトラブルが多いとされているのが、中国産の墓石です。

中国産の墓石の価格はとても安いので人気となっていますが、粗悪品もあります。

しかし、中国産すべてが粗悪品ではありませんのでその点は理解してください。

【どんなトラブルがある?】

墓石は吸水率が低いものほど良い品と言われています。

しかし、これは見ただけではわかりません。

吸水率については石材店で確認をするようにしましょう。

吸水率が高いものだと、すぐに雨や湿気を含んでしまうため、シミやサビ、スジが残ります。

こうなってしまうと墓石は元に戻せません。

墓石の価格が安いのは、吸水率が高いのでトラブルが起こりやすいですと事前に説明しておけば大きなトラブルになることはありません。

【数年で割れてしまうことも】

本来、墓石は簡単に割れるものではありません。

しかし吸水率が高いものや硬度が低い場合だと簡単に割れてしまいます。

このようなことにならないよう、あまり激安のものは選ぶのを避けた方がいいかもしれません。

・また、石材店の担当者に吸水率や硬度、墓石の価格を確認することも大切です。

その他にも、デザインが思っていたのと違うとか、苦情が入ることも多いようです。

Comments are closed.